本文へスキップ

コンセプトconcept

≪概要≫

マルゼン佐藤果樹園は 『初代・善太郎』が1919年に山形県・余目町より北海道・増毛町へ入植し

リンゴの苗木を植えたことから始まりました。



増毛町は明治初期から続く歴史ある果樹産地で、秀峰・暑寒別岳の麓に広がる水はけの良い扇状地と

暑寒の山々を源流とする良質な水、寒暖の差が大きい気候など、果物が育つ上で最適な恩恵を受け

上質な果物が育ちます。




≪減農薬栽培の取組み≫

お客様に安心・安全な果物をご提供するため「北のクリーン農産物表示制度」『Yes! clean』
認定を受けるなど、できる限り農薬の使用を減らした果樹栽培に取り組んでいます




 北海道では恵まれた自然条件を生かし、
 有機物の施用などによる土づくりと併せて、
 化学肥料や化学農薬の使用を必要最小限に抑え、
 さらに総窒素施用量にも制約を設けるなど、
 環境に配慮した農産物づくりを進めています。

当果樹園で導入しているクリーン農業技術
土壌管理 ●堆肥等有機物の施用による土づくり ●草生栽培を基本とした土壌管理
施肥管理 ●有機物の肥料評価による施肥の適正化
防除技術 ●発生モニタリング調査による効率的防除 ●交信攪乱剤の導入 ●休眠期防除によるリンゴハダニ越冬卵密度の削減

登録番号  173 48-11  173 48-12 




≪有機肥料へのこだわり≫

「美味しい果物は土づくりから」との考えから、化学肥料は極力使用せず
魚粉末、米ぬか、鶏ふん、など有機肥料主体で果物を育てています



合同会社マルゼン佐藤果樹園

〒077-0216
北海道増毛町暑寒沢256
TEL:FAX.0164-53-1559
Mail:bqe04222@nifty.ne.jp